法人用カーリースの仕組み

法人リースの3大メリットをご紹介

【コストダウン】年間7万台の新車購買力でコストダウンを支援します。

オリックス自動車はお客様のご要望を元に、年間7万台の新車購買ネットワークの中から最適な条件で車両調達を行い、リース車両としてご利用いただいています。

【業務効率アップ】車両管理業務を最大90%削減可能

車両管理業務を最大90%削減可能!
また、自動車ディーラーとの面倒な交渉などはすべてオリックス自動車が行います。
(※お客様のご要望で購入ディーラーの指定も承ります。)

【全車種指定可能】お客様のニーズに合わせて国産全車種選択可能

オリックス自動車の法人用カーリースは、国産全車種OKです。また、車両代金以外のメンテナンス料金や自動車保険など、諸費用を全てコミコミにしてご契約を頂くことで、管理業務を省き業務効率をアップすることも可能です。社内のご事情により、何なりとリクエストください。

全国対応!車検・整備・ガソリンまで、スケールメリットを活かせます!

オリックス自動車の提携整備工場は全国に14,000ヶ所。年間数十万台ものレンタカーや企業のリース車両を、車検整備点検を行います。そのため、整備費用もスケールメリットを活かし、格安!安心しておまかせできます。

また、エンジンオイル・ガソリンなども石油メーカーとの直取引により、地域に関係なく全国一律価格を実現。ご要望により、オリックス自動車専用のガソリンカードも契約可能です。

社用車調達の手間もオールインワン

figure01

最新のハイブリッド車を一斉導入して環境対策、エコカーで燃費改善してコスト削減など、お客様のニーズに合わせクルマの導入が可能です。
クルマイメージ

車体への社名入れなど仕様はオーダーメイド

カーナビゲーションやETC車載器などのオプションもすべて選択可能。車体への社名入れなど、お客様専用の仕様でご契約いただけます。

ファイナンスリースとは?

ファイナンスリースとは、車両のみのリース料となります。
その為、リース料を安くすることができます。

メンテナンスリースなら安心安全もセットでついてきます

意外に多い、イザというときの業務上の車両トラブル…。「メンテナンスリース」は、お客様に代わって車両の使用状況に応じて定期的に点検・整備を実施。定期的なメンテナンスで故障を未然に防ぎ、常に良好なコンディションの車両を安心してご利用いただけます。しかも、訪問点検なので点検・整備のつど工場に車両を搬入する手間もありません。

“突然の故障でクルマが使えない”営業や配達途中で故障してしまった”など時間的損失、業務の損失を回避することができます。

メンテナンスリース

24時間365日万全の体制でフルサポート

突然の車両の故障や事故などの不測のトラブルが起こった場合、フリーダイヤルにお電話いただきますと「オリックスセフティーサービス24」につながります。全国どこからでも自動的にオリックス自動車・「オリックスセフティーサービス24」受付センターにつながり、専門のベテランスタッフが24時間365日体制で迅速かつ的確に対応します。

オリックスセフティーサービス24の説明図

リースバック方式

現在の保有車両を、そのままリース車に変身させるリースバックをご存じですか?

リースバック方式の導入で、リース車と自社所有車との混在がなく、管理業務が一挙に軽減されます。

現在お客様が所有されている全車両をオリックス自動車が帳簿価格で購入。そして車両1台ごとの使用年数に応じたリース期間を設定して、そのままリース車としてご利用いただく方式です。

figure04

リースバックの流れ

1.リース開始日を決定します。(購入簿価の決定)
2.リース料に含まれる諸費用を決定します。(メンテナンス、任意保険の内容等)
3.車両一台ごとの使用年数に応じたリース期間を設定します。(リース期間が3ヶ月未満は対象外)
4.すべての車両を帳簿価格で購入します。(リース実行後45日以内にお支払い)
5.対象車両の名義変更を行います。(所有者名義がオリックス自動車に、使用者名義がお客様になります。)

決算書の変化

リース導入後

リース資産として資産計上、減価償却が必要となる場合があります。
【ご注意】
一般的にリースバックは税務上金融取引とされるのに対して、車両リースバックはお客様所有車両を一括で、加えてメンテナンスを付加し車両管理の合理化を図ることを目的とした取組みとすることで、リース会社からお客様へのリース取引は、その経済的合理性を根拠に税務上所有権移転外ファイナンスリース取引としての取り扱いが認められます。しかし、特定の車両だけを目的としたリースバックは仮にメンテナンスを付加していても、その経済的合理性が認められず、税務上金融取引とされる場合がありますのでご注意ください。

■カーリース.jpの特選車はこちら

このページの先頭へ